スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Generation Showdown Part4
2015年02月16日 (月) | 編集 |
とても楽しみにしていたGS大会。

それはゴツメカイオーガによって残念な結果に終わりました。
一気にモチベーションを削がれてしまい、5戦で終了。。。

次の大会からは持ち物に気を付けます。


そんなあっけない幕切れをしたGS大会のPTを紹介していきたいと思います。
今回はざっくり紹介。
そのあとに2回に分けて詳しく紹介していこうかなと。



まずはPTのコンセプトとして

『先発で場を整えて後続の高火力ポケモンで制圧する』

これに尽きます。
こごえるかぜによるS操作は候補にありましたが交換によって
リセットされたり、命中率やワイドガードの問題があったので諦めました。

そこで出てきたのがでんじは撒き。
形勢が不利になっても痺れによって勝ち筋を残せる点やWCS2014で優勝したセジュン氏が
パチリスほっぺすりすりを使って場を整えていたことも参考になりました。

また、環境面での予測は
ゲンシグラードンメガレックウザゼルネアスゲンシカイオーガ
という順になるかなぁと。

最優先されるべきなのはゲンシグラードン対策。
その次にメガレックウザゼルネアス
ゲンシカイオーガはほぼ切りで。

実際に戦ってみると思った以上にゼルネアスが多かったです。うん。


こんな感じで優先順位を付けてPT構築しました。

今回はメンバーだけを紹介します。

ホワイトキュレム
カイオーガ
クチート
ゴウカザル
ゴチルゼル
ゴルダック

このゴルダックの場違い感がハンパない!
けど、コイツは対ゲンシグラードンにおけるキーポケモンでした。

戦績は5戦5勝0敗。最終レートは1570~1580です。

最初に書いた通り、ゴツメカイオーガが選出できないので実質5匹での戦いを強いられ、
相手にゲンシグラードンが居ないと実質4匹固定なので非常に辛い戦いでした。。。

せっかく頑張って考えたのに!また明日からPTを詳しく紹介していきます~。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。