スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凱旋門賞(GI)
2012年10月08日 (月) | 編集 |
素晴らしいレースだったと思います。

最後の直線で、もしや・・・!



完璧な抜け出し、先頭に立ちそのまま押し切り勝ちと思った次の瞬間、ペリエ騎乗のSolemiaに差されてしまいました。




誰もが勝った!と思ったはずです。
しかし結果が全て・・・。
池江先生が何度も謝る姿は見ていてかわいそうなくらいでした。

各国の強豪に先着したのは素晴らしいと思います。
ただ、運が無かっただけかなぁと。
やはり世界の壁は厚い。来年も挑戦するのかな?
クラブ馬なので非常に微妙ですが、挑戦するのであればエルコンドルパサーのように
早くから滞在して臨むのが一番かと。

そしてアヴェンティーノ!素晴らしいラビットでした!
終始鞍上はオルフェーヴルを気にしていましたね。
この激走もアヴェンティーノの存在が大きいと思います。

両馬、並びに関係者の皆様、お疲れ様でした。
また日本で(恐らくJC?)で活躍する姿を見せて下さい!

日本はというと今週末から秋華賞、菊花賞、そして天皇賞(秋)へと続きます・・・。
次はどんなドラマが生まれるのでしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。